パークサイド横浜デンタルクリニック(関内・山下町の歯医者)での差し歯・かぶせ物の治療(クラウン)についてご紹介します。

ホーム > 診療科目 > 一般歯科 > 差し歯・かぶせ物の治療(クラウン)

差し歯・かぶせ物の治療(クラウン)

一般歯科 差し歯・かぶせ物の治療(クラウン)

虫歯が大きい場合、歯の神経の治療をしたときに歯の形を回復させるために人工の歯をかぶせます

セラミック、金属、ハイブリッドなど様々な材料を選択することができます。

差し歯(クラウン)診療のご案内

歯の全体を削り人工の歯を上からかぶせていきます。
土台となるご自身の歯が強度的に不安な場合はポスト・コアという土台から作っていきます。
クラウンには金属やセラミック、レジンなど選択肢はいくつかあるのでお好みで選ぶことができます。

差し歯(クラウン)

差し歯(クラウン)の治療方法

保険診療内の差し歯
保険診療

金属クラウン

保険診療内の差し歯をご検討の方に
特長
  1. 保険適応
  2. 歯の切削量がセラミックに比べてやや少ない

全て金属でできている人工の歯です。耐久性があり日本の保険診療ではスタンダードです。
金属アレルギーなどの原因になることもあります。
前歯部は表面のみ白い材料のかぶせものになります。

金属クラウン(奥歯)

奥歯

金属クラウン(前歯)

前歯

オールセラミッククラウン
保険外診療

オールセラミッククラウン

細かい色調を表現できる
特長
  1. 細かい色調を表現できる
  2. 変色、劣化がほとんどない

透明感、質感も細かくオーダーできます。
歯の切削量が多くなるので歯の中にある神経をとらなければいけない場合もあります。

詳しくは『セラミック治療ページ』『セラミック治療(セレック)ページ』

オールセラミッククラウン

ラミネートベニア
保険外診療

ラミネートベニア

特長
  1. 歯の切削量が少ない
  2. 脱離のリスクがある

歯の表面だけを薄く削り、セラミックを貼り付けます。
かみ合わせの状態などによっては適応外になる可能性もあります。

詳しくは『セラミック治療ページ』『セラミック治療(セレック)ページ』

ラミネートベニア

治療の流れ

  1. カウンセリング

    STEP1カウンセリング

    まず、患者様の症状や生活習慣等また、治療に対するご希望等を時間をかけてゆっくりお聞きします。

  2. レントゲン撮影、説明

    STEP2レントゲン撮影、説明

    デジタルパノラマX線装置なので被爆量を抑えられます。

  3. 治療

    STEP3治療

    土台(コア・ポスト)を立てるために歯の根の中を削ります。

  4. 治療

    STEP4治療

    土台(コア・ポスト)を装着しクラウンをかぶせるために形を整え歯型をとります。

  5. 装着

    STEP5装着

    しっかり咬めるようにお口の中で調整を行います。
    その後セメントで外れないようにしっかり装着します。

  6. メンテナンス

    STEP6メンテナンス

    差し歯を装着したら定期的にかみ合わせのチェックが必要です。

よくあるご質問

ファイバーコアのメリットは?

メタルコア(金属製のコア)より衝撃を吸収します。
ファイバーコアを装着する目的はご自身の歯をより長く持たせることにあり、あまりにも強い力が加わった場合にはファイバーコア自体が折れ、ご自身の歯を守れるケースが多いのが特徴です。

保険適応のクラウンと自費診療のセラミッククラウンで迷っていますがアドバイスをください

セラミッククラウンは保険適応のクラウンより高価ですが、失った歯の色や形を再現でき見た目も違和感なく仕上がります。
金属色が気にならない方は保険適応のクラウンの方が治療費を抑えられます。

保険適応の白いクラウンは変色するとききましたが本当ですか。

保険適応の白いクラウンの材料はレジン系(アクリル樹脂に近い)なので細かい傷ができやすくそこに汚れが付着してしまい変色の原因になります。

差し歯・かぶせ物情報

TEL: 045-211-2206

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

診療時間:

【月・火・水・木・日】10:00~13:00/14:00~20:00 【土】10:00~13:30/14:30~20:00
【休診日】金・祝日

診療科目

PAGE TOP