パークサイド横浜デンタルクリニック(関内・山下町の歯医者)でのブリッジの治療についてご紹介します。

ホーム > 診療科目 > 一般歯科 > ブリッジの治療

ブリッジの治療

一般歯科 ブリッジの治療

1,2本の歯を失った場合、両隣の歯を削って歯のない部分も含めて一体型の人工の歯を装着します

歯の切削量は多くなりますが、義歯に比べてしっかり咬め、違和感もあまりありません。

ブリッジ診療のご案内

特長
  1. 装着感が良く取り外しの義歯より快適
  2. 歯の切削量が多い

失った歯の両隣の歯を円筒状に削り歯がないところも含めた人工の歯を装着します。
取り外しをする義歯より違和感が少なくしっかりかむことができます。
歯を削る量は多めです。

ブリッジ

ブリッジ

保険外診療のブリッジ治療

セラミック
保険外診療

セラミック

特長
  1. 細かい色調を表現できる
  2. 変色、劣化がほとんどない

保険適応の材料とは比べものにならないほど美しい質感、透明感を持ち合わせています

詳しくは『セラミック治療ページ』『セラミック治療(セレック)ページ』

治療の流れ

  1. カウンセリング

    STEP1カウンセリング

    まず問診票を基にゆっくりお話を伺います。
    この時、何か治療に対するご希望等があれば遠慮せずお話しください。

  2. レントゲン撮影、説明

    STEP2レントゲン撮影、説明

    レントゲン写真(X線写真)を撮ります。
    撮影したレントゲン写真(X線写真)の説明と治療方針についてご相談させていただきます。

  3. 治療

    STEP3治療

    型取り、かみ合わせの高さの記録、仮合わせなどを行います。

  4. 装着

    STEP4装着

    お口の中で調整を行いしっかり咬めるようにします。

  5. 定期検診

    STEP4定期検診

    残っている歯のクリーニングや義歯のかみ合わせの調整などを3か月に一度のペースで行います。

よくあるご質問

奥歯が2本ありませんがブリッジは可能ですか。

基本的にはブリッジの適応にはなりません。かみ合わせの状態によっては可能なこともあります。

歯が所々抜けていて残っている歯が6,7本しかありませんがブリッジは可能ですか。

飛び飛びに歯がなくても基本的には両奥歯がしっかり残っていればなんとかブリッジができることが多いです。
ブリッジ自体が長くなるので治療時間、回数もかかるかもしれません。

ブリッジにする時、歯をあまり削りたくないのですが

奥歯がなければ歯の半分だけ削って作ることも場合によってはできます。デメリットとして外れやすいことがあげられます。

ブリッジ情報

TEL: 045-211-2206

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

診療時間:

【月・火・水・木・日】10:00~13:00/14:00~20:00 【土】10:00~13:30/14:30~20:00
【休診日】金・祝日

診療科目

PAGE TOP